とおる美術館
ようこそ! アート満載のWebミュージアムへ
想像力を養う習慣は あなたの21世紀を より感動に溢れるものにするでしょう。
アマゾン・ジャパン
ミュージアムショップ サーチエンジンからお越しの方も すぐお楽しみになれます。
 

powered by Amazon.co.jp   日本赤十字社 義援金・救援金募集情報

古今東西を巡る総合芸術表現シリーズ 世界芸術列伝 第199話 2008/02/08公開

画家・工芸家 尾形光琳   紅白梅図屏風


 日本の戦国時代において、華々しいとも言えるような大逆転劇が、1560年の桶狭間の戦いである。 駿河の今川義元、総勢2万5千にもおよぶ大軍に、自国を侵攻された尾張の大名、織田信長が、数の上では明らかに劣勢である4千を率いて戦いに臨み、大勝をしたのだ。

当時、武将たちの間で、「能」と並んで好まれていた芸能に、「幸若舞(こうわかまい)」があった。 幸若舞にて、謡い舞われる内容は、武士の、華々しくも哀しいストーリーであった。

信長は、今川との戦いに出陣するに際して、平安時代末期の一ノ谷の合戦における、平敦盛と熊谷直実を主題とした幸若舞 『敦盛(あつもり)』を、決意と共に、謡い舞った。

「人間50年。 下天のうちを比ぶれば、夢まぼろしのごとくなり 」と。


平和には遠く、戦いと混迷の世において、ひとは、しばしば、「決死の覚悟」をすることを、要求されたことであったろう。 だが、その一方、織田信長のように、それを積極的に受け入れることで、危機的であったりする現状を、突破していく人物もいた。

大いなる混迷の世にあって、決定的な変革をもたらし得たひとたちとは、恐らくは、こうしたタイプであったのではなかったろうか?


さて、20世紀の半ば以降、世界規模の大戦を回避し続けている、わたしたち人類である。 経済のブロック化を起こさず、自由貿易の推進傾向を持ち続けるならば、これからも大戦は回避し続けられそうだ。

中でも、日本では、平和が長く続いてきた。 この平和というものを基盤とし、自由貿易の恩恵を受けつつ、国民皆保険、医療の進歩、個々人の健康意識の高まり、ヘルスケア・サービス産業の発展などにより、平均寿命が著しく延びた。

それに伴って、短命のリスクを回避するための、死亡保障型の生命保険に、ひとびとは興味を失いつつあり、そして、社会保障制度の設計において想定されていたよりも、「長生きをするリスク」に備えるために、ひとびとは医療保険や、長期継続タイプの投資に興味を持ったりしている。

桶狭間の直前に、信長が謡った「人間50年」とは、別世界だ。


ところで、未来を事前に知ることは、物理的に困難であることから、人間が送っている人生とは、その初期段階において、想像していたものとは、往々にして、どこか異なるものであるのではないだろうか?

「いや、私は、はじめに思った通りの人生を送っている」。 中には、そうおっしゃる方もおられるかもしれない。 だが、20年後、30年後にも、そう言い切れるだろうか?

この問いに、不安を感じる方もおられるかもしれない。 未来は、知り得ないものなので、当然のことだ。

だが、準備や助走といったものを、丹念に、そして着々と進めたならば、のちに順次開放されていくことになる、人間が持つ潜在能力とは、いかにすばらしいものであるかということを、思い出して欲しい。

この点に注目することができたなら、不安を感じるどころか、積極的な気持ちで包まれ、むしろ、今すぐにでもやるべき多くのことが、浮上してきたりするのではないだろうか?

このことでの成功事例は、幾多とあろうことだが、日本の画家にも、その体現者を求めることができる。

江戸時代中期の画家、尾形光琳である。


尾形は、1658年、京都の呉服商の2男として生まれた。 呉服商と言えば、当時のファッションの先端で仕事をしていた事業体である。 そのような雰囲気において、能、文芸、茶道、書道に親しみつつ育った。 絵については、狩野派の画法を学んだが、たしなみといった風であったという。

35歳ごろになると、自らの活動について、「光琳」と通称するようになった。 だが、ブーストがかかるのは、それより後のこと、40代になってからのことだ。 本格的に、画業に身を入れはじめたのだ。

そして、大画面の屏風のほか、扇などの小物や蒔絵、手書きの小袖、さらには、弟の尾形乾山(おがた けんざん 1663-1743)の陶器への絵付けと、幅ひろく生活芸術に、その潜在能力を開花させたのだった。

その成果が、日本の絵画、工芸、デザイン、そして、明治維新後の海外の芸術に与えた影響は、計り知れない... 続き/Page Up

 
尾形光琳 (おがた こうりん 1658-1716) 『紅白梅図屏風(こうはくばいずびょうぶ)』 紙本金地著色 二曲一双 各隻 156×172cm 光琳晩年の作 国宝 MOA美術館所蔵
 

尾形光琳 (おがた こうりん 1658-1716)
『紅白梅図屏風(こうはくばいずびょうぶ)』
紙本金地著色 二曲一双 各隻 156×172cm
光琳晩年の作 国宝 MOA美術館
所蔵

 

これは、尾形光琳が晩年に制作した作品、『紅白梅図屏風』である。 左右2曲を合わせると、長さが3.4メートルにも及ぶ、大画面の屏風である。

画面に描かれたものと、余白としての金地が、よく響きあう、バランス感覚に秀でた立派な作品だ。


右側には、紅い梅の木が、左側には、白い梅の木が描かれている。 両方の木とも、美的な方向への抽象化が施されているものの、幹の質感のある重厚な表現など、写実性も高いものである。

右側の画面内において、地面から生え、紅い花を咲かしている梅の木は、若木である。 しっかりとした幹からは、素直な感じで、天空方向へ枝が生えている。 その伸びやかさは、すがすがしいと感じるほどである。


左側の画面内において、地面から生え、白い花を咲かしている梅の木は、老木である。 歳月を重ねて太くなった幹は、画面の外側へと一旦出て、その枝の一部が、絵の上方から、再び入ってきている。

木の全容は敢えて描かないでおき、鑑賞者の想像力に任せる。 日本の絵画・芸術に存在した、実に独特で、知的な表現だ。 明治になってから、日本美術を知った近代の西洋が、さぞ驚いた表現であったことだろう。


また、上方から再び画面に入ってきている白梅の枝の写実性には、尾形光琳という画家の、確かな観察力、そして思慮深さが感じられる。

植物は、種から芽が出た時分より、地球の重力を知り、木の枝は、重力とは反対の方向へと、伸びようとする。 この枝も、右側に描かれた紅梅の枝のように、はじめは天空方向へと伸びていたことだろう。

だが、年月を経て成長するにつれ、自らの重みによって、じわりと下向きとなり、画面に再突入してきているのだ。

ここで、この枝をよく見れば、いよいよ地面に着こうとする辺りから、新たに生えてきた部分は、再び天空の方向へと、しなやかに、そして強靭に、伸びている。 白梅の枝は、幹が朽ち折れるに至るまで、新たな成長というものを、続けるのである。


さて、左右の屏風にまたがいつつ、中央部に大きく描かれているのは、紅白の梅の木のそばを流れる川である。 わたしたちの近くを流れている部分は広く、遠くのほうの流れは狭くと、遠近法が用いられて描かれている。

装飾的に描かれた渦巻き模様は、川面の様子を表現している。

そして、この渦巻き模様には、尾形光琳がこの作品に、込めたかった観念を具現化するための、徹底的な意思があることに気が付いたならば、作品をよく観、光琳という人間の表現意図を、とても正確に、理解したことになるだろう。

それは、一見したところ装飾的であるこれら渦巻き模様は、考案したひとつの図案を、繰り返して描いたものではないということである。 描かれたこれらの渦巻きは、まさにそのことを重要視して、具現化しようとしているがごとく、ひとつひとつ微妙に、形状が異なっているのだ!


文芸の世界において、時々用いられる表現方法であるのだが、「川の流れ」と言って、「時の流れ」を暗喩することがある。 また、紅梅が若木、白梅が老木という擬人化。 そして、伸び、成長していく枝...

これらを総合してみれば、光琳の『紅白梅図屏風』とは、「時の流れ」と「人間」、それが重なり合うところである「人生」というものを、ある観念と共に、美術的に視覚化させたものだということが判ってくる。

そして、その観念とは何であるかを示しているのが、川の渦巻き模様が、ひとつひとつ異なっていることなのである。 つまり、その観念とは、鎌倉時代に、鴨長明(かものちょうめい)によって表現された『方丈記』の冒頭に著されたものなのだ。

 
方丈記〜冒頭:ゆく河
     
ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。  

川の流れは、途絶えるところがないものだが、いま流れている水は、さっき流れていった水とは、また違う水なのである。

     
よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。   また、川の淀んでいるところなどに、発生する水の泡などを見ていると、あちらのほうで消えたかと思えば、こちらのほうで生じたりして、けっして長い間そのままでいることなどないのである。
 

尾形光琳の『紅白梅図』は、そう題されてはいるものの、紅白のみごとな梅の木の絵であることに留まらず、川、そして、渦巻き模様が、重要な役目を果たしているのだ。 そして、「常なるものはない。 万物は、変化のプロセスにあるのだ」との観念を、視覚的に、伝え続けているのである。

 
 
(C) 柳澤 徹  北海道 2004・3 #9 『ヤー・チャイカ 私はカモメ』  写真
 

(C) 柳澤 徹  北海道 2004・3 #9
ヤー・チャイカ 私はカモメ  写真

 
 

北海道の冬に押し寄せた流氷は、見える限りの海を、白く覆い尽くしていた。 船は、無数のそれを、自身が通れる幅にとかき分けながら、進んで行った。 あとには、懐かしささえ感じるような、群青色のオホーツクの海が、通った船の記憶を、さざなみと共に、くゆらせていた。

私はカモメ。 宇宙まで飛んで行き、地球を振り返ったら、こんな感じに見えると、この間、船のひとから聞いた。

 
 
 
 

 美術館ミュージアムショップでは 画家・工芸家 尾形光琳の画集・書籍・図案集/琳派の本 70タイトルを ご用意しています。 ご覧ください。

 
 
 
 
 
とおる美術館 ミュージアムショップ
powered by
アマゾン・ジャパン
 
こちらのコーナーは オンラインの老舗 アマゾンへとリンクする ミュージアムショップです。 本 画集 映像DVD ミュージックCD その他各種商品の販売
 
 はじめてのお客様へ    
 

 画家・工芸家 尾形光琳の本  世界芸術列伝 第199話、江戸時代中期の芸術家、尾形光琳筆 『紅白梅図屏風』、いかがでしたでしょうか? 確かな観察力を持ち、みごとな写実性を湛える絵画を描いた光琳。 熱海のMOA美術館において、15年ほど前のお正月に観た、この代表作において、左右の屏風にまたがる川は、シルエット的には、遠近法を使用して描かれているのですが、なぜか、波の表現に関しては遠近法を、きっちりとは適用していません。 描く力があるのに、そうは描いていない。 でも、これを「装飾的」で片つけることには、違和感を感じ、どうしてであろうかと、じっくり考えてみました。 すると、頭の奥から、「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」と、方丈記の冒頭が浮かんできました。 もしやと思い、渦巻き模様をつぶさに観ていくと、どうでしょう、ひとつとして同じ形状のものはありませんでした。 これだと思いました。

さて、こちらのリンクには、尾形光琳の画集・書籍・図案集など 30タイトル超があります。 あなたもぜひ、いろんな発見を楽しんでみてください。


 琳派の本  俵屋宗達、本阿弥光悦、尾形光琳、尾形乾山、酒井抱一...琳派(りんぱ)についての本は、40タイトル超があります。


 
 
 
 商品がご注文されたあとのフォローも充実しています。 ご用意していますアカウントサービスにおいては、お客様がご注文された内容、商品の配送の状況等を、24時間ご確認いただけます。

 総合ヘルプデスク/よくある質問

 
 
 

アマゾンの取り扱い範囲の広さは、配達できるものなら、たいがいがあると思えるほどです。

 自分らしく エコライフ   自転車・アクセサリー

 食品・ドリンク    コーヒーストア   ワインストア   ホーム&キッチン

 へルス&ビューティ   スポーツ&アウトドア

 アパレル&シューズ   コスメ   ベビー&マタニティ   おもちゃ&ホビー


 和書   洋書   古書/1880年代-1980年代の希少本・絶版本

 今週発売の雑誌/バックナンバー


 パソコン・周辺機器   エレクトロニクス   ポータブルオーディオ

 ミュージックCD   ミュージックCD (クラシック)   ミュージックDVD

 映画・アニメ・ドラマ DVD ブルーレイ   ゲーム

 
 アート満載のWebミュージアム  とおる美術館 2004年2月オープンのミュージアムショップも、多くの方々に好まれ、支持を頂いております。 ありがとうございます。

 アマゾンへのお問い合わせ

 
このページを お気に入りに追加する
 
 
とおる美術館 世界芸術列伝 [ 日本の美術編 ]
 9世紀 平安時代 京都 神護寺
 12世紀-13世紀 平安時代-鎌倉時代 三十三間堂
 13世紀 鎌倉時代 仏師・彫刻家 康勝 空也上人立像

 15世紀-16世紀 室町時代 画家 雪舟 秋冬山水図

 16世紀-17世紀 安土桃山時代・江戸時代初期 画家 長谷川等伯 松林図屏風
 16世紀-17世紀 安土桃山時代・江戸時代初期 茶人 古田織部 織部好み
 17世紀 江戸時代初期 画家 俵屋宗達 風神雷神図屏風より雷神
 17世紀-18世紀 江戸時代中期 画家・工芸家 尾形光琳 紅白梅図屏風
 18世紀 江戸時代中期 浮世絵師 鈴木春信 柳の川岸 雨の夜詣で 縁先美人
 18世紀-19世紀 江戸時代後期 画家・浮世絵師 葛飾北斎 冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏 甲州石班沢
 18世紀-19世紀 江戸時代後期 画家 酒井抱一 風雨草花図 (夏秋草図屏風)
 19世紀 江戸時代後期 浮世絵師 歌川広重 (安藤広重) 東海道五十三次 原 朝之富士
 19世紀 江戸時代後期 浮世絵師 歌川広重 (安藤広重) 名所江戸百景
 19世紀 幕末から明治時代へ 画家 高橋由一 鮭図
 19世紀-20世紀 フランス 印象派の画家 クロード・モネ 印象・日の出 睡蓮 / 日本への憧れ
 19世紀-20世紀 明治時代 浮世絵師 小林清親 御茶水蛍 / 画家 河鍋暁斎 / イギリスの画家 チャールス・ワーグマン / 写真家 下岡連杖
 19世紀-20世紀 フランス 後期印象派の画家 ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ 浮世絵を観てアルルに移住  古い粉挽き小屋
 19世紀 フランス 後期印象派の画家 アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレック ストッキングをはく女 / 浮世絵 斬新な構図 線の扱い
 19世紀-20世紀 明治時代・大正時代・昭和時代 画家 横山大観 生々流転
 19世紀-20世紀 明治時代 彫刻家 荻原守衛 女 / フランスの彫刻家 オーギュスト・ロダン 考える人・地獄の門 /イタリア・ルネサンスの詩人 アリギエリ・ダンテ 神曲 / フランスの画家 ギュスターヴ・ドレ アンドロメダ
 19世紀-20世紀 明治時代 画家 青木繁 海の幸
 20世紀 フランスで活躍した日本人銅版画家 長谷川潔
 20世紀 大正時代・昭和時代 漆芸家・漆工芸作家 松田権六 蓬莱之棚
 20世紀 大正時代・昭和時代 彫刻家 小川大系 登頂
 20世紀 昭和時代 画家 松本竣介 立てる像
 20世紀 昭和時代 画家 松本竣介と世界美術全集 / テレビ東京 美の巨人たち / 明治時代・大正時代 日本の学芸員の父 森田亀之助
 20世紀-21世紀 昭和時代 画家 松本竣介が若き日を過ごした 池袋モンパルナス / 昭和時代・平成時代 画家 野見山暁治
 20世紀-21世紀 昭和時代・平成時代 彫刻家 成田亨 ウルトラマンと怪獣・宇宙人のデザイナー / 月への情熱
 20世紀-21世紀 昭和時代・平成時代 グラフィックデザイナー アートディレクター 田中一光 / ポスターの概要・性質
 
絵画・彫刻・建築・写真・文学・思想・演劇・音楽・オペラ・ダンス・映画・アニメ・エンターテインメント...わたしの好きな芸術家/アーティストのページもあるかしら? そういえばあのお話、もう一度、観てみたいな! それならばどうぞ。 とおる美術館の館内検索を、お試し下さい。 (例: ピカソ)
Google
 
Web とおる美術館
 
アート満載のWebミュージアム
とおる美術館 Homeへ
 
古今東西を巡る総合芸術表現シリーズ
<<第198話 | 第199話 尾形光琳 | 第200話>>
 
第1-19話  第20-39話  第40-59話  第60-79話  第80-99話  第100-119話  第120-139話  第140-159話  第160-179話  第180-199話  第200-最新話
 
 
 
 
わが宿の いささ群竹吹く風の 音のかそけき この夕べかも 大伴家持(おおとものやかもち)

【お買い物ガイド】

 ご興味を持たれましたリンクをクリックされて、アマゾンの店内に、お入りになられてください。

 アマゾンの店内には、日本各地から、24時間アクセスがありますので、商品の在庫の状況は、刻々と変化していきます。 しかし、その変化は、Web上の表示に的確に反映されますので、お客様がご覧になられる商品ページは、常に最新のデータが掲載されています。

 欲しいと思うお品を発見されたなら、「ショッピングカートに入れる」というオレンジ色のボタンをクリックしてください。

なお、「ショッピングカート」とは、街のお店の中で使用するプラスティックの買い物カゴと同様、商品を仮にキープするといった役割をするものです。 当然のことながら、いくつもの品を入れることができますし、また、商品だなに戻すかのようにして、品を削除することが、いつでもできます。

 店内の散策を満喫され、お求めになるお品が決まりましたなら、「カートを見るボタンをクリックされてください。 お品の最終確認をされたならば、「レジへ進む」というオレンジ色のボタンをクリックされてください。

 Amazon.co.jpでのお買い物がはじめての方は、ここで、お客様専用のアカウントを取得します。 専用アカウントは、画面に表示されるガイドに沿って、入力を進めて行かれれば、ごく簡単に取得できますとともに、一連のご注文のお手続きを、平行して完了させることができます。 

 Amazon.co.jpでのお買い物の経験がおありで、すでに専用アカウントをお持ちになられている方は、パスワードを入力されたのち、数クリックで、ご注文のお手続きを完了させることができます。

 ご注文のお品物は、予告の日数にて、発送の運びととなります。

配送の詳しいことを、お知りになりたい方は、「配送に関する詳細」を、ご覧になられてください。

 ご注文を完了しますと、アマゾンからは、その旨を記したメールが、すぐに届きます。 ご注文の内容を、ご確認いただけます。

 ご注文に関することで、もし、ご不明な点がおありのようでしたら、「ガイドツアー」を、ご参照になられてください。

 特定商取引法に基づく表示

 
 アマゾンが取り扱う商品の幅広さ、多様さには、およそ配達か可能なものならば、たいていのものがあるのではないかとも、思えてくるほどです。 よろしいようでしたら、いま頭に思い浮かぶキーワードにて、検索をお試しになられてください。
 
 
 
 

Copyright (C) 2008-2012 The Tohru Museum of Art or The Artist Carried by This Site. All Rights Reserved. >>Details

当サイト掲載の画像・記述など、全てのコンテンツの著作権は、「とおる美術館」、または、当サイト掲載のそれぞれの作者に属します。 >>詳細