とおる美術館
ようこそ! アート満載のWebミュージアムへ
想像力を養う習慣は あなたの21世紀を より感動に溢れるものにするでしょう。
19世紀-20世紀 アール・ヌーボーのチェコ人画家・ポスター作家 アルフォンス・ミュシャ作 黄昏(1899年/部分)
ミュージアムショップ サーチエンジンからお越しの方も すぐお楽しみになれます。
 

powered by Amazon.co.jp   日本赤十字社 義援金・救援金募集情報

古今東西を巡る総合芸術表現シリーズ 世界芸術列伝 第172話 2005/12/02公開
画家・ポスター作家 アルフォンス・ミュシャ

 20世紀の幕開け前後の約10年、パリの街は、花のような女性たちの絵と、喜びを分かち合った (^-^)

造形に、自然のテイストが盛り込まれるのが特色でもあるアール・ヌーヴォー期を代表する、多くの曲線に満ちた画面と、エレガントな人物画たちで、劇のポスターや商品の広告を、チェコ出身の芸術家 アルフォンス・ミュシャが、彩ったからだ。

そうしてパリを風靡したミュシャは、やがて招かれ、1904年からは新大陸アメリカでも肖像画を描くなど大活躍。 そして 1910年には、自身の故国チェコにて、なんと城を借りて、アトリエ兼住居とした。 1913年からは、絵画制作、とくに歴史画の大作に精力を注いだ... 続き/Page Up

 
アルフォンス・ミュシャ (1860-1939) モラヴィア教師合唱団  1911年 ポスター 108.5×79.5cm アール・ヌーヴォー
 
アルフォンス・ミュシャ (1860-1939)
モラヴィア教師合唱団  1911年 ポスター 108.5×79.5cm
アール・ヌーヴォー
 

多くの曲線に満ちた画面は、やわらいだ雰囲気である。 アール・ヌーヴォーにおける日本趣味(ジャポニズム)を体現する枝ぶりの木がある。 その上に、女性が腰掛けている。

おや、右手を挙げて耳たぶにあてがって、なにやら嬉しげである。 ああ、そばの枝に止まっている小鳥の歌を、聴いていたのだな。

手前のほうには、ミュシャらしい花束が。 女性が被る帽子に巻かれたネッカチーフのように赤く、目には心地のよいアクセントである。

さて、このポスターであるが、数々あるミュシャ作品の中で、それほど有名なほうではない。 むしろ、「ミュシャ」と聞いてすぐ思い浮かぶ、パリの街を風靡した、あのうっとりとしたような人物たちとは、やや異なる印象を、受けるのではないだろうか?

この作品、ミュシャの出身地モラヴィアを拠点とし、チェコの国内外で演奏活動をしていた「モラヴィア教師合唱団」のために制作されたものであった。

鳥の声を聴くにも快活さをもって 「自らの好むところにより、積極的に行動する様子」で描かれた絵には、19世紀のころとはひと味異なる、新世紀の女性像を見出すことができそうではないか...


芸術作品は、社会と共にある。

社会の関心や意識が、芸術家の感性と反応して、目や耳で感じ取れるもの『作品』となる。 やがて、社会に還元された(発表された)芸術作品は、社会の一員であるわたしたちに、自身のまだ言葉にもならないような予感や、無意識といったものを、思考の領域へと浮上させることがある。 歴史を振り返ってみても、こうした ものの考えの交流が、自由な意志や、ひとの好みのもとにリンクをはじめ、やがてムーヴメントへと成長していくのを見出すことができる。


わたしたちが生きる現代が、それ抜きではあり得ない「革命」のひとつが、産業革命だ。 その進展は、人類にたいへん有益なものであったが、従来からの手工業が担う領域は、縮小した。 いきおい、ひとびとが使う生活の品々などは、実用色の濃い傾向となっていった。 それへの反動として、装飾性を高めて、物質や生活に、精神的な豊かさを醸成しようという動きが発生した。

芸術運動、アール・ヌーヴォーである。 1880年ころにはじまり、欧州とアメリカで隆盛した。 芸術家ミュシャは、その代表格のひとりであった。


だがその、着々と進行していく時代の工業化は、社会における大きさを広げ、また、世界の各地へともグングンと広がっていくものであった。

経験をしたことのないような、そのエネルギーは、自然の風情の曲線に満ちたムーヴメント、アール・ヌーヴォーを凌駕するかのようにして、直線的な意匠でありながらも、精神性を含蓄しつつ、大量生産に適した、更に「新しい(ヌーヴォーな)」芸術ムーヴメント、「アール・デコ」を生むことになった。

30年にもおよぶところとなったアール・ヌーヴォーの運動から、アール・デコへと、時代が転換したのは、1910年ころであった。


さて、先ほど観たミュシャのポスター作品 『モラヴィア教師合唱団』であるが、1911年に創られたものである。 作家は、その2年後には、絵画、とくに歴史画の制作へと精力を注ぐことになるので、ポスター制作においては、その終盤期にあたる。

芸術家ミュシャは、世界や時代が大きく変わるのを、読み取っていたのだろう。 そして、それを予見するような、この闊達な女性像を、作品に登場させたのではなかったろうか。

(それ以前のデザインの流れが、アール・ヌーヴォー的だったとは思わないが、21世紀初頭に登場した アップルのiPod(アイポッド)を、コンピューター産業と音楽産業の構図・構造的な背景を考慮はしないで、そのデザインだけを観たならば、その髄には、アール・デコのテイストがある)


さて今般の季節、家々の庭木などが、紅葉しているのが散見される。 日本の四季が見せる、嬉しい輝きのひとつである。 近場を散歩していたら、趣のある石塀に沿って、ツタ類が赤くなっているのに出会った... 続き/Page Up

 
柳澤 徹  塀を伝う紅葉したツタ植物 2005・11 #1 写真
 
(C) 柳澤 徹  塀を伝う紅葉したツタ植物 2005・11 #1 写真
 

大きい葉っぱ、小さい葉っぱとさまざまが、鮮やかに紅葉していた。 郵便ポストがそうであるように、住宅地では、目線に近い高さの赤いものとは、あんがい気を惹くものである。

家にとって帰し、カメラを持ち出して撮影した。 自然からの、ささやかな贈り物であるわけだが、ジャポニズムが流行していたアール・ヌーヴォーにおける芸術家たちも、このような、日本人が古来より、身近なところなどで発見してきただろう、自然がちょっとだけ見せるような美からも、そのインスピレーションを得ていたはずである。

アール・ヌーヴォー期を、15年以上に渡り彩ったミュシャ芸術と共に、季節が見せるささやかな輝きを、こうして、お目にかけることができるのは、幸いなことだ。

 
2017年版 ミュシャ・カレンダー
 
 
 

2017年版 ミュシャ・カレンダーを 全部表示する>>

 
 

 美術館ミュージアムショップでは 画家・ポスター作家アルフォンス・ミュシャの本・画集/アール・ヌーヴォーの本 400タイトル超を ご用意しています。 ご覧ください。

 
 
 
チーム・マイナス6% みんなで止めよう地球温暖化
会員番号7444番

目指すは 環境分野の世界一。 チーム参加者 増えています。

[動画] マイロク先生の 地球一よくわかる! 地球温暖化問題

チーム・マイナス6% Webサイト

 
 
 
アルフォンス・ミュシャ作 椿姫のポスター 1896年
 
アルフォンス・ミュシャ作
椿姫のポスター
1896年
 
 
アルフォンス・ミュシャ作 ホワイトスター・シャンペンのポスター 1899年
 
アルフォンス・ミュシャ作
ホワイトスター・シャンペンのポスター
1899年
 
 
アルフォンス・ミュシャ作 サマリアの女のポスター 1897年
 

アルフォンス・ミュシャ作
サマリアの女のポスター
1897年

 
19世紀-20世紀 アール・ヌーボーのチェコ人画家・ポスター作家 アルフォンス・ミュシャ
とおる美術館 ミュージアムショップ
 
powered by
アマゾン・ジャパン
19世紀-20世紀 アール・ヌーヴォーのチェコ人画家・ポスター作家 アルフォンス・ミュシャ作 シリーズ・芸術から「絵画」 1898年 (部分)
 
こちらのコーナーは オンラインの老舗 アマゾンへとリンクする ミュージアムショップです。 本 画集 映像DVD ミュージックCD その他各種商品の販売
 
 はじめてのお客様へ    
 
 アルフォンス・ミュシャの和書  ミュシャの絵には、ポピュラーな人気があります。 図書に関しては、たくさんの図版が掲載されている「大型本」が多く出版されているのが特徴です。 和書10タイトル超があります。

 アルフォンス・ミュシャの洋書  こちらにも良さそうな本があります。 カードブックなども含めて、30タイトル超があります。


 ミュシャ・カレンダー  伸びやかで なごやかで 美しい、アルフォンス・ミュシャの絵が飾ってあるのを、好まない方はまれでありましょう。

カレンダーも、他の商品同様、プレゼント用の梱包が可能で、配送先を贈り先に指定することもできます。 通常の梱包およびギフト包装のイメージ


 アール・ヌーヴォーの洋書   時期で区切るならば、1880年から1910年の間に起きた芸術運動 アール・ヌーヴォー。 地域でいえば、主に欧州とアメリカにおいて展開されたものでした。 分野は、建築、家具、ポスター、ガラス工芸、織物、挿絵など幅広いものでした。

30年間にも渡る大きな流れのなかで、幾多の芸術家たちが、固有の感性を花開かせ、精力的な活動をしました。 フランスでは、ご存知のポスター作家アルフォンス・ミュシャ、ガラス工芸のエミール・ガレや ドーム兄弟。 イギリスでは、挿絵画家のビアズリーが活躍。

また、オーストリアでは「分離派」と呼ばれるところとなり、画家のグスタフ・クリムトが絵筆を振るい、スペインでは、個性的な建築家アントニオ・ガウディが、また、アメリカでは、宝石商で有名な ティファニー の創業者の二代目がガラス工芸で活躍しました。 上記にリンクには、芸術ムーヴメント、アール・ヌーヴォーの本、400タイトル超があります。

 
 商品がご注文されたあとのフォローも充実しています。 ご用意していますアカウントサービスにおいては、お客様がご注文された内容、商品の配送の状況等を、24時間ご確認いただけます。 なお、発送作業に入る前であれば、ご注文のキャンセルも可能です。

 総合ヘルプデスク/よくある質問 

 Amazon.co.jpでお買い求めの商品は、すべてギフト包装し リボンをかけ カードをつけてお届けすることができます。 サービスの詳細 : 通常の梱包およびギフト包装のイメージ   Amazonギフト券について

 
 
 

アマゾンの取り扱い範囲の広さは、配達できるものなら、たいがいがあると思えるほどです。

 自分らしく エコライフ   マグボトル・水筒   自転車・アクセサリー

 食品・ドリンク   コーヒーストア   ワインストア   ホーム&キッチン

 へルス&ビューティ    ダイエット    スポーツ&アウトドア

 アパレル&シューズ   コスメ   ベビー&マタニティ   おもちゃ&ホビー


 和書   洋書   古書/1920年代-1980年代の希少本・絶版本

 今週発売の雑誌/バックナンバー   カレンダー・ストア


 パソコン・周辺機器   エレクトロニクス   ポータブルオーディオ

 ミュージックCD   ミュージックCD (クラシック)   ミュージックDVD

 映画・アニメ・ドラマ DVD   ゲーム

 
 アート満載のWebミュージアム  とおる美術館 2004年2月オープンのミュージアムショップも、多くの方々に好まれ、支持を頂いております。 ありがとうございます。

 領収書について   返品の方法   アマゾンへのお問い合わせ

 ショッピングに関して個人を特定する情報は Amazon.co.jp プライバシー規約により保護・管理されております。 たとえ当美術館であっても、知ることはできません。

 
このページを お気に入りに追加する
 
 
とおる美術館 世界芸術列伝 [ フランス/日本編 ]
 18世紀 画家 ジャン・バティスト・シメオン・シャルダン 赤エイのある静物 / 理性の世紀

 18世紀日本 江戸時代中期の浮世絵師 鈴木春信 柳の川岸 雨の夜詣で 縁先美人

 18-19世紀 画家 ジャック・ルイ・ダヴィッド レカミエ夫人 サン・ベルナール峠を越えるボナパルド 新古典主義 / ルーヴル美術館 新館
 18-19世紀日本 江戸時代後期の画家・浮世絵師 冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏 甲州石班沢
 18-19世紀 画家 アンヌ・ルイ・ジロデ・ド・ルシー・トリオゾン フランソワ・ルネ・ド・シャトーブリアンの肖像 新古典主義 / 小説家 フランソワ・ルネ・ド・シャトーブリアン アタラ ルネ ロマン主義
 18-19世紀 画家 ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル トルコ風呂 新古典主義
 19世紀日本 江戸時代後期の浮世絵師 安藤広重 (歌川広重) 名所江戸百景
 19世紀 画家 ウージェーヌ・ドラクロワ 民衆を導く自由の女神 ロマン主義
 19世紀 音楽家 ルイ・エクトル・ベルリオーズ 幻想交響曲 ロマン派
 19世紀 画家 ギュスターヴ・クールベ 波 写実主義
 19世紀 画家 ウィリアム・アドルフ・ブーグロー 水浴する人 アカデミー
 19世紀 画家 ギュスターヴ・モロー スフィンクスとオイディプス 象徴主義(サンボリズム)
 19-20世紀 画家 エドガー・ドガ ダンスの試験 (印象派)
 19-20世紀 画家 ポール・セザンヌ 家と木立 印象派
 19-20世紀 彫刻家 オーギュスト・ロダン 考える人・地獄の門 / 画家 ギュスターヴ・ドレ アンドロメダ / イタリア・ルネサンスの詩人 アリギエリ・ダンテ 神曲
 19-20世紀 彫刻家 オーギュスト・ロダン カレーの市民
 19-20世紀 画家 オディロン・ルドン フラワーズ ヴィオレット・エイマンの肖像 象徴主義(サンボリズム)
 19-20世紀 画家 クロード・モネ 印象・日の出 睡蓮 印象派
 19世紀 画家 ギュスターヴ・カイユボット 鉋をかける人々 印象派
 19-20世紀 オランダ人画家 ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ 浮世絵を観て  古い粉挽き小屋 後期印象派 表現主義の先駆
 19-20世紀 工芸家 ドーム兄弟 アール・ヌーヴォー
 19-20世紀 工芸家 ルネ・ラリック バッカスの巫女 カー・マスコット アール・ヌーヴォー/アール・デコ
 19-20世紀 音楽家 エリック・サティ 3つのジムノペディ
 19-20世紀 チェコ人画家・ポスター作家 アルフォンス・ミュシャ モラヴィア教師合唱団 アール・ヌーヴォー
 19世紀 画家 アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレック ストッキングをはく女 後期印象派
 19-20世紀 画家 アンリ・マティス 金魚 フォーヴィスム 野獣派
 19-20世紀 オランダ人画家 ピエト・モンドリアン 赤、黄、青のコンポジション 抽象絵画 /オランダ絵画の系譜
 19-20世紀 スペイン人画家 パブロ・ピカソ アヴィニオンの娘たち エコール・ド・パリ
 19-20世紀 スペイン人画家 パブロ・ピカソ 腕を組んですわるサルタンバンク エコール・ド・パリ
 19-20世紀 スペイン人画家 パブロ・ピカソ ゲルニカ
 19-20世紀 画家 ジョルジュ・ブラック ブラック・フィッシュ /キュビズムについて
 20世紀 イタリア人画家 アメデオ・モディリアーニ 坐る裸婦 エコール・ド・パリ
 20世紀 フランスで活躍した日本人銅版画家 長谷川潔
 20世紀 ベルギー人画家 ルネ・マグリット La grande famille 大家族 / シュルレアリスム・超現実主義
 20世紀 スイス出身の彫刻家・画家 アルベルト・ジャコメッティ
 20世紀 映画監督 ルネ・クレマン 禁じられた遊び 太陽がいっぱい パリは燃えているか
 20世紀 小説家 フランソワーズ・サガン 悲しみよこんにちは
 
絵画・彫刻・建築・写真・文学・思想・演劇・音楽・オペラ・ダンス・映画・アニメ・エンターテインメント...わたしの好きな芸術家/アーティストのページもあるかしら? そういえばあのお話、もう一度、観てみたいな! それならばどうぞ。 とおる美術館の館内検索を、お試し下さい。 (例: ピカソ)
Google
 
Web とおる美術館
 
アート満載のWebミュージアム
とおる美術館 Homeへ
 
古今東西を巡る総合芸術表現シリーズ
<<第171話 | 第172話 ミュシャ | 第173話>>
 
第1-19話  第20-39話  第40-59話  第60-79話  第80-99話  第100-119話  第120-139話  第140-159話  第160-179話  第180-199話  第200-最新話
 
 
 
 
わが宿の いささ群竹吹く風の 音のかそけき この夕べかも 大伴家持(おおとものやかもち)

【お買い物ガイド】

 ご興味を持たれましたリンクをクリックされて、アマゾンの店内に、お入りになられてください。

 アマゾンの店内には、日本各地から、24時間アクセスがありますので、商品の在庫の状況は、刻々と変化していきます。 しかし、その変化は、Web上の表示に的確に反映されますので、お客様がご覧になられる商品ページは、常に最新のデータが掲載されています。

 欲しいと思うお品を発見されたなら、「ショッピングカートに入れる」というオレンジ色のボタンをクリックしてください。

なお、「ショッピングカート」とは、街のお店の中で使用するプラスティックの買い物カゴと同様、商品を仮にキープするといった役割をするものです。 当然のことながら、いくつもの品を入れることができますし、また、商品だなに戻すかのようにして、品を削除することが、いつでもできます。

 店内の散策を満喫され、お求めになるお品が決まりましたなら、「カートを見るボタンをクリックされてください。 お品の最終確認をされたならば、「レジへ進む」というオレンジ色のボタンをクリックされてください。

 Amazon.co.jpでのお買い物がはじめての方は、ここで、お客様専用のアカウントを取得します。 専用アカウントは、画面に表示されるガイドに沿って、入力を進めて行かれれば、ごく簡単に取得できますとともに、一連のご注文のお手続きを、平行して完了させることができます。 

 Amazon.co.jpでのお買い物の経験がおありで、すでに専用アカウントをお持ちになられている方は、パスワードを入力されたのち、数クリックで、ご注文のお手続きを完了させることができます。

 ご注文のお品物は、予告の日数にて、発送の運びととなります。

配送の詳しいことを、お知りになりたい方は、「配送に関する詳細」を、ご覧になられてください。

 ご注文を完了しますと、アマゾンからは、その旨を記したメールが、すぐに届きます。 ご注文の内容を、ご確認いただけます。

 ご注文に関することで、もし、ご不明な点がおありのようでしたら、「ガイドツアー」を、ご参照になられてください。

 特定商取引法に基づく表示

 
 アマゾンが取り扱う商品の幅広さ、多様さには、およそ配達か可能なものならば、たいていのものがあるのではないかとも、思えてくるほどです。 よろしいようでしたら、いま頭に思い浮かぶキーワードにて、検索をお試しになられてください。
 
 
 
 
 

Webミュージアム「とおる美術館」では、毎年、最初の「世界芸術列伝」の公開を、元旦に行っています。 一年の計は元旦にありと言われるところでもあり、年最初の芸術列伝は、そんな気分の中で公開することになります。

2004年元旦は 彫刻家ロダンの『考える人・地獄の門』でした。 この年は人類の歴史上でも、天災が多い年となりました。 スマトラ島沖地震が起きるに至っては、地獄の門が大きく開いてしまうのではないかと心痛しましたが、幸いなことには、よく「考える人」がたくさんおられて、門は閉じる方向になりました。

また、2005年元旦は、画家スチュアート・デイヴィスと発明家トーマス・エジソンのお話でした。 覚えておられるでしょうか? あの、「世界から、夜が消えた」で、はじまるお話です。 2005年もあとわずかとなりましたが、きちんと終わってみたあと、多くの方々が「世界から夜が消えたような年」であったなあと感じられるようならば、筆者も嬉しく、想像力の発揮甲斐があったことだと思えるところです。

元旦公開の世界芸術列伝は、古代ギリシア世界でいうところの「デルフォイの神託(オラクル)」というわけではありませんが、「おみくじ」よりは、ずっと大きな意味があることでしょう。

2006年元旦は、どんな芸術列伝になるのでしょうか? 古来より、新鮮な感動とはそうであったように、あらかじめのテーマが予定されているわけではありませんので、それが近づくまではなんとも分からないところです。 「(芸術・学問の神で、ミュージアムの語源でもある "Muse") ミューズ 」の、インスピレーションを待ちましょう。 元日、お楽しみに!


>> 後日 2006年元旦に公開となった 「世界芸術列伝 第173話」

 

Copyright (C) 2005-2012 The Tohru Museum of Art or The Artist Carried by This Site. All Rights Reserved. >>Details

当サイト掲載の画像・記述など、全てのコンテンツの著作権は、「とおる美術館」、または、当サイト掲載のそれぞれの作者に属します。 >>詳細